ホッカンホールディングス株式会社

沿 革

ホッカンホールディングスの歩み

1921年(大正10年) 北海製罐倉庫(株)創立 資本金100万円、本社小樽
1927年(昭和2年) アメリカン・キャン会社よりロールフォーム自動製缶機およびキャンコ シーマー購入
1934年(昭和9年) 東京出張所設置
1935年(昭和10年) 練乳用自動ミルク缶製缶機械を設置
1941年(昭和16年) 製缶業者8社大合同により新たに東洋製罐(株)設立(旧北海製罐倉庫(株)は小樽工場となる)
1948年(昭和23年) 過度の経済力集中排除法に基づき、経済力集中企業に指定される
1950年(昭和25年) 企業再建整備計画により小樽工場およびその付属設備を分離し北海製罐(株)を設立 資本金5,000万円、本社は東京に設立 当時自動製缶機械7連 東京証券取引所に上場
1955年(昭和30年) 函館工場設置、小樽工場に新塗装機械およびシートオーブン購入 大阪証券取引所に上場
1956年(昭和31年) 本社、東京丸の内に移転
1957年(昭和32年) 札幌に缶詰研究所設置
1959年(昭和34年) コンチネンタル・キャン社と技術提携
1960年(昭和35年) 釧路工場竣工
1968年(昭和43年) ALCOA、USMとイージーオープン蓋に関する技術提携
1971年(昭和46年) 岩槻工場竣工、岩槻に中央研究所竣工、大阪出張所設置
1973年(昭和48年) 岩槻工場で飲料缶製造開始、岩槻工場増築竣工
1976年(昭和51年) 函館出張所設置
1977年(昭和52年) 岩槻工場でTFSシーム缶(HS缶)製造開始
1979年(昭和54年) 館林工場竣工(2P缶本格稼動)
1981年(昭和56年) 岩槻工場で溶接缶製造開始、館林工場増築
1986年(昭和61年) ドイツ・クルップ社と技術提携、小樽工場でNPSライン稼動
1989年(平成元年) 館林工場で溶接缶ライン稼動、千代田工場竣工(プラスチックボトル製造開始)
1991年(平成3年) 創業70周年記念式典開催、SIプラント竣工(EO蓋専用ライン)
1993年(平成5年) 滋賀工場竣工(2P缶ライン稼動)
1994年(平成6年) 岩槻工場にクリスタル缶ライン導入
1995年(平成7年) 館林工場にクリスタル缶ライン新設、千代田工場増設(耐熱角ボトルライン)、SI プラント増設
1997年(平成9年) 滋賀工場増設
1998年(平成10年) 滋賀工場、千代田工場に小型PETボトルライン導入
1999年(平成11年) 滋賀工場、SIプラント、小樽工場、岩槻工場、館林工場がISO9002認証取得、技術部門ISO9001認証取得
2000年(平成12年) 千代田工場がISO9002認証取得/岩槻工場でMC缶製造開始/滋賀工場がISO14001認証取得/千代田工場でアクティス製造開始
2001年(平成13年) 創業80周年記念式典開催
2002年(平成14年) 館林工場でMC缶製造開始
2005年(平成17年) 会社分割による純粋持株会社へ移行