ホッカンホールディングス株式会社

容器事業 PT.ホッカン・インドネシア

容器事業 PT.ホッカン・インドネシア

MESSAGEシナジーで、
市場に新たな風を起こす

PT.ホッカン・インドネシアでは、北海製罐と日本キャンパックのノウハウを統合し、PETボトルの成形から清涼飲料の充填までを一貫して行っています。低コストで高能率なトータル・パッケージング・システムという日本の優れたサービスを、インドネシアにおいても同様に提供するため、高速無菌充填設備を2ライン、PF成形機を2機導入。また、飲料のレシピ開発もサポートするなど、お客様のニーズに幅広くお応えしています。

2011年に、ホッカングループと豊田通商グループの合弁会社として誕生したPT.ホッカン・インドネシア。トータル・パッケージング・システムに、豊田通商グループの原材料調達機能を付加することにより、市場での優位性を確保。豊富な天然資源と人口増加を背景に、産業発展や国内需要の高まりが見込まれるインドネシアにおいて、清涼飲料製品の受託製造業界をリードし続けていきます。

会社概要

会社名 PT.ホッカン・インドネシア
代表者 取締役社長 宇田川 誠
創 業 2012年12月
設 立 2011年7月
資本金 575,999百万インドネシアルピア
事業所 Jalan Raya Ciawi Sukabumi (Bitung Sari) KM.3, Ciawi, Bogor, Indonesia
URL http://www.hokkan.co.id/

業務内容

  • 清涼飲料の製造・販売
  • PETボトルの設計・金型開発
  • 清涼飲料のレシピ開発・試験充填

沿 革

2011年(平成23年) 7月 PT.ホッカン・インドネシア 設立
2012年(平成24年) 12月 1号ライン稼働開始
2013年(平成25年) 1月 製品販売開始
2014年(平成26年) 12月 飲料開発室を設置
2015年(平成27年) 3月 2号ライン稼働開始

認定・承認・許可(ISO・HACCP)

  • FSSC 22000
  • Halal Assurance System

関連会社

北海製罐株式会社

北海製罐株式会社は、食品用缶や飲料用缶といった金属容器とPETボトルなどのプラスチック容器を中心に、さまざまな容器の開発から販売までを行う会社です。独自の技術と研究開発力によって、次々と新製品を市場に投入。内容物の風味を保つことはもとより、高い美粧性を備えたクリスタル缶をはじめ、多様なデザインに成形可能なFP缶、軽量かつバリア性を高めた高性能なPETボトルなど、時代のニーズを捉えた先進的な製品でお客様の期待にお応えしています。

北海製罐株式会社