ホッカンホールディングス株式会社

容器事業

容器事業

オリジナリティで
容器の未来を開拓する

容器事業では、食品用缶や飲料用缶などの金属容器のほか、PETボトルなどのプラスチック容器、美術缶やスプレー缶といった一般容器など、さまざまな容器の製造を行っています。その中核をなす北海製罐株式会社をはじめ、高い専門性をもつ関連会社のノウハウを結集することで、多様な市場のニーズに応え続けています。また、市場を優位にリードしていくために、開発から販売まで一貫体制によるマーケティング活動を推進。環境に配慮した高品質かつ低価格の製品を提供することで、業界内で確固たる地位を築いています。これからも容器の新たな可能性を追求し、独自の技術から生まれる魅力的な製品を社会に提供していきます。

事業分野

容器製造

安全性の研究

新製品開発

容器製造

飲料缶

省エネルギーの製造方法など、進化した缶づくりを追求。

プラスチック容器

各種特許技術による独自のPETボトルを開発。さらなる活用を求めて、バリア技術などの新技術の開発も行う。

食品容器

先進技術を積極的に取り入れ、高品質で多様な缶を製造。あらゆる素材に着目し、独自の缶の開発にも注力。

美術缶

菓子類や海苔、お茶などを入れる容器。高度な印刷技術をもち、繊細な表現や高級感を演出した缶を製造。

エアゾール容器

殺虫剤をはじめ、消臭剤や整髪料、塗料、ライターガスなどに使用する容器で、安全性の高い製品を製造。

軟包材

シャンプーや洗剤、化粧品などの容器に使用する素材で、機能性と美粧性を兼ね備えたパウチ製品を製造。

安全性の研究

安全性の高い製品を提供するため、容器の素材そのものに目を向けるのはもちろん、内容物による容器の変性や経年変化といった、充填後の品質についても研究を進めています。どのような条件下であれば容器としての安全性が確保できるのか、あらゆる状況を想定して容器および内容物の安全性を追求しています。

研究項目

容器の変性、経年の変化、殺菌方法

激しい競争が続く市場において常に優位に事業を展開するには、独自技術によるオンリーワン製品の開発が鍵となります。そのため、研究によって得られたさまざまなノウハウや、マーケティングで得られた豊富な情報を基に、新たな容器開発に注力。容器としての基本性能はもちろん、新たな素材を使用する上で安全性はどのように確保されるのか、市場のニーズに応えるデザインは表現できるのか、事業理念を反映した製品であるのかといった観点から、特許を重視した新製品の開発研究を行っています。受け継がれてきたものづくり精神を大切に、新たなニーズをも創出する新しい価値をもった製品を生み出していきます。

関連会社

北海製罐株式会社

北海製罐株式会社は、食品用缶や飲料用缶といった金属容器とPETボトルなどのプラスチック容器を中心に、さまざまな容器の開発から販売までを行う会社です。独自の技術と研究開発力によって、次々と新製品を市場に投入。内容物の風味を保つことはもとより、高い美粧性を備えたクリスタル缶をはじめ、多様なデザインに成形可能なFP缶、軽量かつバリア性を高めた高性能なPETボトルなど、時代のニーズを捉えた先進的な製品でお客様の期待にお応えしています。

北海製罐株式会社